会長・代表理事からのメッセージ

MESSAGE

一般社団法人日本金融人材育成協会は、2017年9月にTAC株式会社の全額拠出により設立されました。
少子高齢化・人口減少の進展、人手不足、デジタライゼーションの加速など、地域企業を取り巻く経営環境はこれまでにないスピードで変化しています。地域経済の活性化や地域企業の持続的成長促進への対応は待った無しの状況にあります。

私たちは、このような社会的課題を解決できる人材の育成が急務と考え、2017年より「企業経営アドバイザー検定」を、また2019年より「相続検定」「年金検定」を資格認定制度として創設しました。
これらは個別企業の非財務情報を含む情報を基に、適切な事業性評価が行える人材や、持続的成長促進に不可欠な事業承継等の様々な課題に対し、支援・解決をおこなえる人材の育成を目的とした資格認定制度です。

当協会と同じ問題意識をもつ方々が、課題解決に必要な知識・技術を身につけ、その証明としてこれらの資格認定制度を利用していただくことで、経営者に寄り添い、伴走しつつ、地域企業が抱える課題を積極的に解決できる人材となり得ると考えている次第です。

私たちはこれらの資格認定制度を推進し、多くの資格取得者を輩出することで、地域経済の活性化や地域企業の持続的成長促進に貢献する所存でございます。
皆様におかれましてもこの当協会の趣旨に是非ご賛同頂き、ご推奨頂ければ幸いであります。

2019年7月
会長 森 俊彦
代表理事 多田敏男

【会長 森 俊彦】

【略歴】

  1. 1979年 東京大学経済学部卒、同年日本銀行入行
    シカゴ大学大学院留学(経済学マスター)、ニューヨーク事務所次長
    信用機構局参事役(バーゼル銀行監督委員会・日本代表)
    考査局参事役(上席考査役)、金沢支店長
    金融機構局審議役などを経て、2011年金融高度化センター長
    金融庁参与、商工中金アドバイザー、中小機構中小企業応援士に就任

(政府委員)

  1. 2016年~ 経済産業省「ローカルベンチマーク活用戦略会議」委員
  2. 2017年~ 内閣府「知財のビジネス価値評価検討タスクフォース」委員
  3. 2018年~ 環境省「ESG金融懇談会」委員
  4. 2018年~ 金融庁「融資に関する検査・監督実務についての研究会」メンバー
  5. 2019年~ 環境省「ESG金融ハイレベル・パネル」委員
  6. 2019年~ 金融庁「金融仲介の改善に向けた検討会議」メンバー
  7. 2020年~ 内閣府「価値デザイン経営ワーキンググループ」委員

【代表理事 多田 敏男】

【略歴】

  1. 1953年12月3日生
  2. 1984年 1月 TAC㈱入社
  3. 1990年12月 TAC㈱取締役 法人部門担当(現任)
  4. 1998年 3月 TAC㈱専務取締役
  5. 2004年 8月 TAC㈱教育部門担当(現任)
  6. 2005年 3月 泰克現代教育有限公司(中国大連市)取締役(現任)
  7. 2007年 6月 TAC㈱取締役副社長
  8. 2008年 2月 ㈱LUAC代表取締役(現任)
  9. 2008年10月 ㈱TACプロフェッションバンク代表取締役会長
  10. 2009年10月 TAC㈱スクール部門担当(現任)
  11. 2010年 4月 ㈱TACプロフェッションバンク代表取締役会長就任(現任)
  12. 2011年 8月 太科信息技術有限公司(中国大連市)代表取締役(現任)
  13. 2012年12月 ㈱TAC総合管理取締役(現任)
  14. 2017年 9月 一般社団法人日本金融人材育成協会代表理事(現任)
  15. 2018年 3月 ㈱TACグループ出版販売取締役(現任)
  16. 2018年 3月 ㈱早稲田経営出版取締役(現任)
  17. 2018年10月 TAC㈱代表取締役社長就任(現任)