お知らせ

WHAT’S NEW

2020/09/10NEW

当協会の森俊彦会長が内閣府「価値デザイン経営ワーキンググループ」の委員に就任しました

内閣府は下記の考えの下、「価値デザイン経営ワーキンググループ」を設置し、森俊彦会長が委員として、2020年9月4日に開催された第一回会合に参加し、金融検査マニュアル廃止(2019年12月)やコロナショックへの対応などの環境変化を踏まえ、経営デザインシートのスピード感を持った適切な普及の必要性について発言しました。

日本金融人材育成協会は、地域経済の活性化や地域企業の持続的成長促進といった社会課題解決のため、全国の中小企業の企業価値向上に伴走する「企業経営アドバイザー」を養成しています。その学習プログラムの中に、企業が将来を構想しその価値創造メカニズムを見える化するツールである経営デザインシートを組み込み、企業との対話において活用できるよう経営デザインシートについての教育・普及を行っています。

価値デザイン経営ワーキンググループ・・・知財のビジネス価値評価タスクフォース『経営をデザインする』で報告された考え方 (以下「考え方」という。)の理解及び実践の普及は、一定の成果を見ている。しかし、普及ツールたる「経営デザインシート」について真のねらいに関する理解やそれを踏まえた活用が十分浸透しているとは必ずしも言えず、未だ普及目的が十分達成されたとは言い難い状況にある。
そのため、構想委員会の下に本WG を、考え方の普及状況をモニタリングする等普及の司令塔となる組織として開催し、民間による実践に向けて、考え方の本旨を明確化するなど、その普及に係る必要な取組を検討することとする。
(出所)『価値デザイン経営ワーキンググループの開催について』(内閣府 知的財産戦略本部 構想委員会)より

価値デザイン経営ワーキンググループ構成員一覧
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/kousou/kachi_design_wg/pdf/meibo.pdf