合格者の声

VOICE

2021/04/16

【年金検定】那須社会保険労務士事務所代表 那須 裕之さん 年金に関する基本知識を整理・習得するのに適した検定試験です

年金検定2級合格
那須社会保険労務士事務所代表
那須 裕之さん
2020年10月試験合格

年金に関する基本知識を整理・習得するのに適した検定試験です

現在のお仕事についてお聞かせください。

元々金融業界の会社員でしたが、2018年に60歳の定年を機に退職し、社会保険労務士を目指して資格の学校TACの教室講座を受講しました。幸い2019年に合格し、2020年11月に社会保険労務士の開業登録をしました。本格活動はこれからですが、関心のある年金、健康保険等の社会保険分野で活動していきたいと考えています。

年金検定を受験したきっかけを教えてください。

自身のサラリーマン生活や両親の介護等を通じて年金制度や健康保険等の社会保険分野に以前から関心がありました。社会保険労務士として今後活動するにあたり、関心のある同分野とりわけ年金分野の知識をより深め、実務に生かしたいと思い受験を決意しました。

学習方法で工夫したことを教えてください。

資格の学校TACの対策講座を受講しましたので、週2回の教室講座に合わせて、事前のテキスト予習→教室講義→オリジナル問題集での復習で知識の定着を図りました。事前のテキスト予習をしておくことで、教室講座では、誤っていた知識の修正及びテキストに書かれていない実務知識に集中することができ、理解が深まりました。

年金検定の学習内容は、社会保険労務士講座と同レベルの箇所も多く、従来知識の確認プラス新しい実務知識を学ぶというスタンスでした。

学習で得られた知識や考え方を、今後どのような場面で活用していきたいですか?

年金制度の基礎知識はある程度あったので、その上乗せとなる年金制度の沿革及び実務上の手続きや注意事項の箇所が役に立つと思いました。また、具体的事例での年金額計算問題も実務に有益だと思いました。この学習経験をステップにし、更に高度な実務知識を学び年金分野の専門家を目指したいと考えています。

今後、社会保険労務士として本格活動するにあたり、年金分野の専門家として年金相談、取引先企業の福利厚生制度設計、年金制度の普及等に活かしていきたいと考えています。

これから受験を検討される方、合格を目指す方へのメッセージをお願いします。

受験される方の動機は様々だと思いますが、年金に関する基本知識を整理・習得するのに適した良い検定試験だと思います。事前のテキスト予習、講義、問題集での復習が相俟って短期間で知識の定着に役立つと感じました。更に高度なレベルへのステップにもなりますので是非、受験を検討されると良いと思います。