合格者の声

VOICE

2021/04/19

【年金検定】鉄道会社勤務 北沢 崇さん 年金について基礎力をつけるために、年金検定の受験を決めました

年金検定2級合格
鉄道会社勤務
北沢 崇さん
2020年10月試験合格

年金について基礎力をつけるために、年金検定の受験を決めました

現在のお仕事についてお聞かせください。

鉄道会社で事務系の職種に従事しております。その中で現在は、新型コロナウィルス対策等の衛生関係、資材調達業務を担当しています。以前は、健康保険、年金、年末調整業務等を扱う人事系の業務を担当していました。

年金検定を受験したきっかけを教えてください。

仕事で年金に携わることがあった経験から、社会保険労務士資格の取得を目指して学習をしていました。しかし、今年度の試験を受験したところ合格発表日前に明らかに不合格であることが判明しました。そこで、気持ちを切り替えて基礎力をつけるという目的で年金検定の受験を決めました。

学習方法で工夫したことを教えてください。

これまでの社会保険労務士の受験勉強に拠ることが多かったのですが、問題集を繰り返しやることはもちろんのこと、私は特に出題について、基礎年金の事を聞かれているのか、厚生年金の事を聞かれているのか混乱することが多くあったので、そういった弱点を意識して問題集にあたりました。

学習で得られた知識や考え方を、今後どのような場面で活用していきたいですか?

不合格となってしまった社会保険労務士試験で今後更に高得点を狙えるように自分のスキルアップにつなげることが第一の目標です。また、会社内でよく年金、健康保険、税金のことなどを聞かれることもあるので少しでも人の役に立ちたいと思います。今後は、上記の試験に合格することはもちろんですが、その腕試しにも年金検定のような検定試験を受験し続けることが大切だと考えています。

これから受験を検討される方、合格を目指す方へのメッセージをお願いします。

私は、最初から問題がスムーズに解けたわけではありません。教室に通って何度もテキストを読んでは問題を解いて時には先に解答を見ることもありました。また、業務で実際に年金や健康保険等の手続きをしていましたが実務が邪魔をしてかなり間違えて悔しい思いをしたこともあります。経験上、年金、健康保険は初学者の方が勉強しやすいのではないでしょうか。そのような方に年金検定をお勧めします。